長崎市・諫早市・大村市の賃貸物件|株式会社ヘヤミセ > 株式会社ヘヤミセのスタッフブログ記事一覧 > 単純売却の概要とは?メリットと利用するための注意点についても解説!

単純売却の概要とは?メリットと利用するための注意点についても解説!

≪ 前へ|賃貸情報のおとり物件には要注意!その詳細や見分け方とは   記事一覧   不動産の相続税評価額とは?計算方法を種類別に解説!|次へ ≫

単純売却の概要とは?メリットと利用するための注意点についても解説!

カテゴリ:不動産コラム【売買】

単純売却の概要とは?メリットと利用するための注意点についても解説!

不動産の任意売却にはいくつか種類がありますが、そのなかでもとくにシンプルな売却方法である単純売却はご存じでしょうか?
今回は単純売却の概要、利用するにあたっての知っておくべきメリットと注意点を解説します。
任意売却の他の方法もご紹介しますので、不動産売却を検討している方は参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

任意売却の1つである単純売却の概要とは?

任意売却の1つである単純売却の概要とは?

任意売却とは、収入の低減や失職などにより、住宅ローンの支払いができなくなってしまったときに、債権者の同意を得て一定条件のもとで不動産を売却する方法です。
任意売却には大きく分けて6つ種類がありますが、今回はその中の1つである単純売却の概要を解説します。

単純売却とは任意売却の中でもっともシンプルな売却方法

単純売却とは、一般の不動産売買と同じ売却活動ができ、より高く売却できる可能性があります。
売却する相手は一般消費者なので、通常の不動産売却と変わらない方法と言えるでしょう。
売却の流れも通常と同じで、まずは売却の告知からおこないます。
購入検討者へ室内の内見をしてもらい、購希望者が見つかったら売買契約の締結です。
その後、代金精算をおこない不動産を引き渡したら、住宅ローンの残債を支払い、完了となります。

高い売却価格を望むならおすすめの売却方法

単純売却は一般の不動産購入希望者を相手に売買するので、高い価格で売却できる可能性があるでしょう。
差し押さえられて強制的に売却される競売と比べて、おおよそ1.5倍ほど高く売却できる可能性があります。
任意売却のなかには、買取業者に買い取ってもらう、という方法もありますが、売却価格が下がるといったデメリットもあります。
また他の任意売却より精神的な負担が少ない親族間売買という方法もありますが、トラブルなどで後々の関係性に影響が出てしまうケースもあるので注意しましょう。
リースバックは、一度売却した同じ不動産に賃貸契約を結び住み続ける、という方法ですが、その後の家賃の発生や買い戻すためには多額な費用を要します。
売却した後の家賃が予想以上に高く、金銭的負担が軽減しない、というケースもあるので注意が必要です。
抵当権者の同意が得られない場合は、不動産競売という方法がありますがこの方法は最終手段となりますので注意してください。
単純売却にも売却まで時間がかかるといったデメリットはありますが、少しでも高く売却したいのであれば早めに検討を進めましょう。

単純売却のメリットとは?

単純売却のメリットとは?

単純売却には高い売却価格を期待できる点以外にもメリットがありますが、出費の負担が大きくなるといったデメリットもあります。
本項ではメリット・デメリットをあわせて解説しますので利用を検討している場合は、デメリットが大きな負担にならないか十分に注意しましょう。

高い売却額を期待できる

1つ前の項でもご説明しましたが、単純売却は任意売却のなかでも一番高く不動産を売却できる可能性があります。
売却相手が一般の不動産購入希望者なので、ある程度自分が希望している金額や市場価値と同等で売却が望めるでしょう。
高く売れれば返済できる金額が増えて、売却後に残る負債も減らせます。
任意売却の他の方法ですと、売却相手が買取業者や親子・親戚であったりするので希望よりも低い金額で売却される可能性が高いでしょう。
売却価格が低いと住宅ローンの完済ができず、負債が残ってしまうので後々の生活が圧迫されてしまいます。
強制的に売却させられてしまう競売と比較すると、1.5倍ほど高く売却できるので売却後の心配事を少しでも減らせる方法です。

債権者の同意が得やすい

単純売却は、任意売却のなかでも高い売却額を期待できるので売却後の債務も少なくできる可能性が高いです。
住宅ローンの支払いが完済できる可能性もあるので、債権者である金融機関からの同意が得やすいでしょう。
任意売却自体が債権者から同意を得ないとできない方法なので、なるべく高い売却額を期待できる単純売却を計画してください。

売却後の出費負担が大きくなる可能性がある

デメリットとして、不動産を売却したあとは基本的に退去する必要があります。
購入者がマイホームを希望している場合が多く、売却後はその不動産を住居とする可能性が高いためです。
そのため、売却したらすぐに次の住居探しや退去する準備が必要でしょう。
当然退去費用や家賃といった出費が発生するので、売却後すぐは出費が大きくなる可能性があります。
売却後に次の住居を探すと、引っ越し時期によっては高い家賃や希望する間取りの住居がない可能性もあるので、売却活動を進める段階である程度目星をつけておきましょう。
また単純売却で売却活動を進めると決まった時点で、退去費用や次の住居費用を貯めておく必要があります。
売却後もそのまま住み続けたい場合には、買戻しや売却後賃貸といった方法もありますので検討してみてください。

単純売却を利用するために気を付ける注意点とは?

単純売却を利用するために気を付ける注意点とは?

単純売却を利用するためには、いくつか注意する点があります。
高く売却するために注意点に気を付けながら、売却活動を進めましょう。

売却期間が長くなる可能性がある

単純売却とは、一般の不動産購入希望者を相手に売買活動をする方法です。
そのため、不動産の売却期間が長くなる可能性があります。
内見をしてもらった上で交渉が進むので、即決してくれる人がいない限りすぐには売却できず長期間かかると想定しておきましょう。
買い手がなかなか見つからないと引っ越し計画も立てにくいですが、売却後は継続して住めないので業者の選定などは売却活動をしている最中におこなってください。
引っ越しの費用もかかってくるので、売却活動中に貯めておきましょう。
売却期間が長くなってしまうと、失業などで住宅ローンだけではなく生活資金も滞ってしまう可能性もあります。
少しでも高く売却したいと希望している場合、住宅ローンが支払えなくなってしまったらすぐに単純で売買活動ができるか、債権者に確認を取りましょう。
すぐにでも不動産を売りたいと考えている方にとっては、買取といった方法を検討するのも一つの手です。

内見時に室内状態を整えておく

不動産の購入を希望している人の多くは、マイホームとして今後生活したいと考えています。
多くは中古物件の購入となりますので、不動産購入希望者は室内環境を重視します。
間取りや広さ・設備も重要視されますが他人が住んでいた家を購入するので、内見で室内状態が悪いと気に入ってもらえません。
理想としては、購入したらそのまま住める状態の家であることが望ましいです。
クリーニングをすれば住める状態や、壁紙を変えれば住める状態だと多少のリフォームをすれば住めるので交渉まで進む可能性があります。
しかし穴が開いていたり傷があったりなどフルリフォームが必要な場合や、不用品が多く家が汚い状態だと内見もしてもらえない可能性もあるでしょう。
清掃業者を入れて清掃するにも費用がかかってきますので不用品の処分をしたり、室内状態でお悩みがあったら専門家に相談する方法を検討してください。

まとめ

単純売却は、任意売却のなかでも比較的高い売却価格で不動産を売れる可能性がある方法です。
一般の不動産購入希望者相手の売却活動なので、売却に時間がかかります。
しかし、任意売却の中では精神的ダメージも少なくできるメリットもあるので時間に余裕があれば単純売却を検討してみましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸情報のおとり物件には要注意!その詳細や見分け方とは   記事一覧   不動産の相続税評価額とは?計算方法を種類別に解説!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社ヘヤミセ
    • 〒850-0035
    • 長崎県長崎市元船町16-14
    • TEL/095-801-1347
    • FAX/095-801-1348
    • 長崎県知事 (1) 第4118号
  • QRコード
  • 更新物件情報

    2024-06-25
    A-FLATの情報を更新しました。
    2024-06-25
    江平コーポの情報を更新しました。
    2024-06-25
    パルティールの情報を更新しました。
    2024-06-25
    MeLIFEの情報を更新しました。
    2024-06-25
    レジデンシャルプレイス B棟の情報を更新しました。
    2024-06-25
    アミティ銅座の情報を更新しました。
    2024-06-24
    SKY時津の情報を更新しました。
    2024-06-24
    デ・クメール諫早駅前の情報を更新しました。
    2024-06-24
    リッチプルメリアの情報を更新しました。
    2024-06-24
    プラシード久山Bの情報を更新しました。
  • 物件掲載中!「いえらぶポータル」
  • 仲介会社向けサイト

 おすすめ物件


A-FLAT

A-FLATの画像

賃料
7.5万円
種別
マンション
住所
長崎県長崎市滑石3丁目47番8号
交通
道ノ尾駅
徒歩26分

江平コーポ

江平コーポの画像

賃料
3万円
種別
アパート
住所
長崎県長崎市江平2丁目9-32
交通
原爆資料館駅
徒歩16分

パルティール

パルティールの画像

賃料
4.7万円
種別
アパート
住所
長崎県諫早市西栄田町1200-1
交通
諫早駅
徒歩22分

MeLIFE

MeLIFEの画像

賃料
4.9万円
種別
アパート
住所
長崎県諫早市多良見町市布1300番地16
交通
市布駅
徒歩20分

トップへ戻る